8畳でも一人暮らしできる?

   

 

8帖ってどれくらいの広さ?

 

「不動産公正取引協議会連合会」によれば、1畳あたりの広さは1.62平方メートルです。

8畳の平米数は、8畳×1.62平方メートル=12.96平米(約3.6×3.6メートル)です。

ただし、地域や物件によって平米数は変動する可能性があります。

1畳は畳1枚の広さですが、地域によって畳1枚の大きさが異なります。

 

たとえば、東日本で使用される畳を基準にすると、8畳×1.549平方メートル=12.39平米(約3.52×3.52メートル)

関西の京間だと8畳×1.824平方メートル=14.59平米(約3.82×3.82メートル)です。

 

 

間取りによっても部屋の広さが違う?

 

同じ8畳帖でも、間取りによって実際の居住空間の広さは変わってきます。

1人暮らし用の賃貸物件に多いワンルームと、それ以外の間取りの場合で8帖の広さを比較してみましょう。

 

 

ワンルームの場合

 

ワンルームの間取り図を確認する場合、広さの捉え方に注意が必要です。

ワンルームとは、キッチンスペースと居室の間に区切りがない部屋のことです。

1つの部屋の中にトイレや風呂などが含まれており、コンパクトな作りになっています。

ワンルームの間取り図に書いてある「8帖」は、居室とキッチンスペースを合わせた面積が8帖であることを示しています。

廊下や玄関に仕切りがなければ、そのスペースも合わせて8帖という意味です。

部屋の間取りによっては、居室スペースが6帖程度しかない場合もあります。

実際の8帖よりも狭く感じやすい点に注意しましょう。

 

 

それ以外の間取りの場合

 

同じ8帖でもワンルーム以外の間取りなら、その部屋の広さ自体が8帖という意味です。

1Kの場合で考えてみましょう。

1Kとは、居室とキッチンスペースの間が仕切られている部屋のことです。

8帖の1Kの場合、居室が8帖、キッチンスペースは4.5帖以下が標準で、それ以外に風呂やトイレが付いています。

居室にダイニングキッチンが付いている1DKの場合は、居室が8帖、ダイニングキッチンが4.5~8帖未満です。

1Kも1DKも居室は同じ8帖ですが、それ以外の広さに違いがございます。

 

 

8

 

 

8帖の部屋は広い?

 

居室の広さが8帖の場合、1人暮らしなら十分な広さです。

ベッドのほかソファやテーブルなどの大型家具を置いても、ゆとりを持って生活できます。

さらに、1LDKになるとリビング・ダイニング・キッチンが8帖以上になるため、さらに広々と暮らせます。

リビングにダイニングテーブルやソファなどを配置でき、居住スペースと食卓を分けることも可能です。

8帖の1LDKは居室が1つしかありませんが、リビング・ダイニング・キッチンの面積が広く、2人暮らしでも十分暮らせる広さです。

 

 

8帖のレイアウトを考えてみよう【1人暮らし編】

 

1人暮らしに向いている部屋の間取りは、1Kやワンルームなどです。

1Kの場合、居室とキッチンスペースは分かれているものの、キッチンの面積が狭いため置ける家具は限られます。

さらに、居室スペースにベッドを置くと、ほかの大型家具を複数置くのは難しいです。

ワンルームになるとさらに居室スペースが狭くなります。

また、部屋の形状によっては、本来キッチンに置きたい家電や家具なども置ききれないケースがあります。

1Kもワンルームも部屋を広く使うなら、家具の大きさやレイアウトなどを工夫しましょう。

 

 

家具の選び方を工夫する

 

狭い部屋を広く見せるには、背の低い家具で統一すると効果的です。

クローゼットや本棚など、背の高い家具は視界を塞ぐため、圧迫感が生じやすくなります。

特にワンルームの場合は、コンパクトなサイズの家具を選ぶことがポイントです。

窓を塞がないように家具を配置すれば採光もしっかり取れ、さらに視界が広がります。

また、配置する家具は厳選して、少しでも家具の数を減らす工夫も必要です。

たとえば、収納付きのベッドがあれば、その分タンスを置くスペースを節約できます。

ソファは置きたいものの狭くなるのが気になる人は、ソファベッドを選ぶと空間を広く使えて便利です。

 

 

家具の置き方を工夫する

 

部屋の中央スペースを空けることで、部屋が広く見えます。

そのためには、家具はすべて壁際に寄せて配置しましょう。

キッチンから窓までの動線ができ、生活もしやすくなります。

また、壁際収納を設置すれば、部屋の空間を広く保ちながら収納スペースの確保も可能です。

1人暮らし用のワンルームや1Kは、収納スペースが少ないケースが多く、物がごちゃつきがちです。

壁を傷つけずに設置できる壁際収納なら、賃貸物件でも安心して使えます。

キッチンや廊下などにあるデッドスペースを見つけて、部屋が狭くならないような家具の配置を考えましょう。

 

 

部屋

 

 

8帖のレイアウトを考えてみよう【LDK編】

 

LDKを広く使うためのレイアウトを考えるなら、まずはテレビの配置から決めましょう。

テレビの場所が決まれば、ソファやテーブルの位置も自ずと決まってきます。

大きいサイズのテレビの場合、ソファとの距離が近いと目が疲れたり見にくくなったりします。

ソファはテレビから離して置くと良いですが、スペース的に無理がある場合は小さめのテレビを選ぶようにしましょう。

 

また、居室の8帖はゆとりのある広さですが、一般的にLDKの8帖は小さく感じます。

ダイニングテーブルやソファはコンパクトなサイズを選ぶようにしましょう。

1人用や2人用のダイニングテーブルなら、そこまで大きくありません。

8帖のLDKでも、食卓と居住スペースをしっかり分けることができます。

 

 

 

スペースを有効活用しよう!

 

ひと口に8帖といっても、間取りによって広さの感じ方が変わります。

ワンルームなら居住スペースは狭くなりますし、1LDKなら2人暮らしも可能です。

どの間取りでも家具の選び方やレイアウトを工夫すれば、実際の専有面積よりも広く見えたり、収納スペースを確保しつつ憧れの大型家具を配置できたりします。

 

8帖の部屋に住む場合は、間取りを考慮しつつ家具を厳選して、スペースを有効活用するようにしましょう♪

 

 

 

 

Access

地元の物件情報に精通したプロフェッショナルとしてお問い合わせに迅速に対応いたします

概要

店舗名 TSUBAKI不動産
住所 大阪府大阪市浪速区塩草3-10-22
小川ビル201
電話番号 06-6568-1010
営業時間 9:00~19:00

アクセス

初めてお問い合わせの方にもお気兼ねなく、お探しの賃貸に関するご要望をお聞かせいただけるような体制を整え、スタッフ一同がご相談をお待ちしております。小回りの利いたきめ細やかな対応が、特に地元にお住まいの方から好評です。ご期待にお応えできるように尽力いたします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事